投稿規定

『東南アジア研究』日本語原稿投稿規定<strong

(1) 投稿の内容は、東南アジア地域研究に寄与するものとする。

(2) 投稿原稿は、レフェリー制度を通じて選定のうえ編集される。投稿原稿は原則として返却しない。

(3) 原則として使用言語は日本語とする。 特殊な文字ならびに記号の使用については編集室に相談のこと。邦文の場合には常用漢字、現代かなづかいを用い、8つ以内のキーワード(日英併記)と200語程度の英文要旨を付するものとする。
投稿原稿の長さの目安は、注、引用文献を含め、400字詰め原稿用紙計算で80枚以内を原則とする。なお、上記には図・表・写真を含めないが、特に多数の場合は編集室に相談のこと。
書評は、約4,000字で執筆するものとする。

(4) 投稿は電子文書とし、e-mailまたは郵送で受け付ける。郵送の場合は、電子媒体(フロッピーディスク、MOディスクまたはCDR)に印刷した原稿を添付すること。
図はそのまま印刷可能なものに限る。コンピュータで図表を作成した場合は、別ファイルとすること。写真、付図、付表などには希望の挿入箇所、大きさを指定するものとする。

(5) 掲載された論文等の著作権は原則として京都大学東南アジア地域研究研究所に帰属する。

(6) 稿料の支払い、掲載料の徴収は行わない。ただしカラーの写真や図(内容の理解に必要不可欠なものに限る)については実費を徴収する。別刷りを 30 部贈呈する。なお、それ以外にもあらかじめ注文があれば実費で製作する。

(7) 参考文献表記法はここを参照されたい。郵送を希望する場合は、編集室に請求のこと。

(8) 投稿に関する連絡先は次の通り。

〒60-8501 京都市左京区吉田下阿達町46
Tel:075-753-7344 Fax:075-753-7356
e-mail:japanese-editorial@cseas.kyoto-u.ac.jp

page top